知っておきたい鼻の美容整形の基礎知識

鼻の整形をしたいと考えている方は、高くしたい、形を整えたいなど人によって悩みは様々です。特に日本人は低いことが悩みで高くしたい、と感じている方が多いです。その他にも、丸い状態を治したい、などがあります。整形を受ける前には、どのよう施術方法があるのかを知っておく必要があります。美容外科でも多く取り扱っている手術の一つですが、希望通りの形や高さ、手術後の腫れなどは医師の経験や技術、知識によってかわってきます。手術前には、医師としっかりとカウンセリングした上で理想の形になるための方法を納得のいくまで話し合い決めることが大切です。技術のある医師でも、カウンセリングが満足にできなかったり不安が残ったまま手術を行うことは、失敗を防ぐためにも避けるようにします。

手術の方法を知っておくことが大切

鼻の整形には、いくつかの方法があります。まず、高さを高くする方法です。医師は希望の高さに合うように全体のバランスを見ながら使う材料を選んで手術方法を決めます。高くするためのプロテーゼを入れることで、少しだけ高くしたり、できるだけ高くしたいなど要望を聞いて角度を調整しながら入れます。鼻先の大きさを変えたい時は、小さくしたり尖らせたりします、切らない方法があり、当日からメイクが可能で傷跡が目立たないというメリットがあります。また、伸ばして穴を見えなくするという方法があります。ヒアルロン酸を注入する方法は、メスを入れる必要がなく施術時間も短く手軽に受けられる方法です。このようにそれぞれの施術方法を知っておくことで自分が希望するものがどれに当てはまるか、分かりやすくなります。

手術後の痛みや腫れを知っておく

鼻の美容整形をして、理想的な形にしたいと感じている方にとって、手術後の痛みや腫れは心配になるものです。しかし、メスを使う手術はダウンタイムがあり症状は人によって違います。手術後のダウンタイムは、腫れやない出血などの症状があらわれます。痛みや腫れには個人差があり、軽い方は傷跡をコンシーラーで消すことができるので外出も可能になります。症状が重い場合は他人に会いたくなかったり外出することが嫌になる場合もあります。しかし、施術内容や医師の技術によっても違ってきます。ダウンタイムを少しでも早く終わらせるためには、医師の指示に従って無理をせず過ごすことが大切です。決して自己判断しないで、注意事項を守るようにします。特に喫煙は傷の治りを遅らせる可能性があるので、注意が必要です。